2017.03.12 Sunday 00:22

謝謝台湾 PhotoCafe Spin Off trip〜散策と昼ご飯の巻〜

2017年3月12日(日)晴れ!夜は少し雨。

 

台湾2日目。朝から抜けるような青空です。

ありがたいです〜。

 

本日は、東門界隈を散策し、前回私とゆりさんがたどり着けなかった

青田七六でまったりし、その後は各自解散して夜は夜市というコースです。

 

東門あたりのお店は11時半前後からのスタートなのですが、

お店が開く前の雰囲気もとても素敵なので、朝からお出かけです。

 

ホテルバイキングの朝食をしっかり頂き(大根餅美味!)

天気も良いので公園を通っていくことに。

ホテルの近くにある二二八和平公園までお散歩です。

 

大きな樹と緑にあふれている場所です。

 

「公園の総面積は、71,520平方メートル。

1895年、当時日本統治時代の台湾では大規模な都市計画があり、

その一環として「圓山公園」に次いで2つ目に建設された都市公園。

完成は1908年(明治41年)。

当初は台北新公園という名前だったが、

1996年に二・二八事件で犠牲となった台湾住民を追悼する

二二八和平紀念碑が建立され、公園の名称を二二八和平紀念公園に改めた。

(以上、台北ナビ&Wikipediaより)」

 

そう、台湾は50年間、日本だったのですね。

 

パーカッションのお稽古中の少年と、教える大人2名。

お祭りに出るのかなぁ。結構スパルタ教育でした。
がんばってくださいね。

 

前回の旅でも出会った鳥さん。

たしか羽を広げると相当大きかった気が…。

 

橋の上で激写する先生&とっしーさん。
先生はこの後、
マサイ族並の視力目で、遠方のリスを発見されました。

 

確かにいたんです。
まさに台湾リス。日本においては特定外来生物。

赤い実がとてもよくお似合いです。

 

たくさんいましたが、個体差は見分けられませんでした。

手がカワイイ。

 

とにかく広い公園です。

ゆったり、まったり。(*´ω`)

 

広げた傘の先には、たくさんの荷物とともに、座っているお二人。

もしかすると、ここが住処なのかもしれません。

 

thetaさんも活躍していました♪

公園を満喫した後は、地下鉄に乗って、東門駅へ向かいます。

 

昨年も訪れた場所です。台北駅界隈とは全く違った雰囲気。
永康街・青田街・龍泉街というエリアがあり、それぞれの個性を発揮しています。
「康青龍」という通称でも有名になってきているようです。

 

小確幸、みつけました:)

 

青田街に向けてゆっくり歩きます。
地図が頭にたたき込まれている先生方とご一緒なので、

安心して、寄り道撮影ができます(笑)。

 

陽射しをうけて、はためくカラフル。

 

お店が開く前の時間は人の気配が全くないのです。

昼前後からの喧騒がうそのよう。

 

あちこちに巨木が生い茂り、街を守っているようです。

 

何の問題もなく、青田七六にたどり着けましたDocomo_kao8

現在ではカフェ&レストランですが、この建物は日本統治時代の家屋なのです。

 

日本の台湾統治は日清戦争に勝利した1895年(明治28年)4月17日から、

第二次世界大戦の結果ポツダム宣言によって台湾が日本から中華民国に編入された
1945年(昭和20年)10月25日までの時代です。

 

1928年(昭和3年)に台北帝大が開校し、日本内地から招聘された学生や教職員の宿舎として

このあたりに次々と宿舎が建設されたそうです。(Wiki&台湾ナビより)

 

オープンまでまだ時間があるので、しばらく青田街をひとめぐり。

小さいものに目がいってしまいます。このネコちゃんの顔がなんともかわいくて。

 

ふと見上げると、何気なく美しい色が施されていました。

 

樹がちょっと窮屈そうに見えるのですが、共存しているなと思いました。

 

カラフルな洗濯物たちに心惹かれました。

几帳面に干されている姿に好感❤

 

こちらは青田茶館です。

台湾大学の哲学教授が住んでいた日本式家屋。

現在は茶器や茶葉を販売と、お茶をいただく場所もあります。

建物の半分は「敦煌畫廊」になっています。

静かで趣のある、居心地よい、どこか懐かしい場所でした。

 

良い時間になったので、青田七六へ颯爽と出かけたのですが

すでに予約でいっぱいでした・・・

残念でしたが、次回のお愉しみに繰り越しです。

こちらは地元店でいただいたおひるごはん。

めちゃくちゃ強い火力で作り上げられたチャーハンは

ご飯のパラパラ感が完璧で、誠に美味でした。

ジャンキーですが、コーラとチャーハンは、とても相性がよろしいと思いますグー

 

おなか一杯になった後は、みなそれぞれに別行動。

ちゃりーは九份へ旅立っていきました。

残りのメンバーはお買い物タイムです。

初めて知った阿原石鹸で月桃商品をゲット!(←すみません、言いたかっただけ。。)

昨年訪れた一針一線も外せません。

買い物上手なゆりさんは、駅近くのお店で、とても素敵なブラウスを購入されていました。

 

先生たちは華山1914文創園区、私たちは中山経由で松山文創園区へ移動です。

 

次に続きます@


2019.08.25 Sunday 00:22

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - |

    Comment:
    Add a comment:









     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    ネコサツ!!
    13 écriture
    12strings.
    PhotocafeAfter
    elan vital
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.