2014.12.21 Sunday 23:57

合同展、最終日。

12月21日(日)。晴れ。10度くらい。
暖かい、穏やかな朝。
合同展の最終日です。

いつもより時間をかけて、井の頭公園を回ります。
こんな看板もありました。


この公園、ほんとに広い。
公園というよりも、森の中を歩いているよう。


昨日の雨のおかげで、地面を踏みしめると土の薫りが立ち上ります。


この公園を通り抜けて合同展にいらしてくださった方は、
このあたりの空気は、すごくおいしい、気持ち良い、
とおっしゃっていました。
緑と土がある場所は、良い気を出しているのですね。


最終日にようやく撮れた、ジブリ美術館。
私は、トトロ&千と千尋が好きです。(というか、それしか見たことがない)


モノクロで撮ると、ちょっと廃墟風。


公園の周りをうろうろしていたら、先生とさくまさん登場。
お2人は、昨日もほぼ徹夜ではないでしょうか・・・。
ポストカードを相当数印刷されたと伺いました。
私たちは作品だけでいっぱいいっぱいですが
先生とさくまさんは、総合プロデュースをしつつ、
グッズの監修、補充も日々行ってくださいます。
本当に、ありがとうございます。

開場前の静かな時間。この風景とも今日でお別れです。
モノクロのさくまさん。


カラフルなさくまさん。今日はAlice in Wonderland風です。
まったくもって、フォトジェニックです。


本日は洋装で正装、の桐島先生。姿勢が完璧です。


先生をみた友人は、「男装の麗人」とのたもうておりました。
まったくもって、その通り。
「宝塚の先生によろしくお伝えください」というコメントもありました。
「お若いのに、(しっかりしていて)すごい!」というコメントもありました。


メンバーも集まったころに、Meiさん登場です。
合同展会期中の在廊が叶わなかったのですが、
最終日にいらしてくださいました。
私にとって、Meiさんは、一歩も二歩も先をゆく大先輩。
彼女のブログ写真に一目ぼれして、ずっと憧れの存在です。

芯が強く、がまんづよく、納得いく作品が撮れるまで
粘りに粘って、ご自身の世界を静かに、しっかりと創り上げる。
Meiさんの作品には、ゆるぎないものがあります。


ご自身のテーマ作品と対面できて、本当に、本当に、よかった。
いろいろお話しできて、ほんとに嬉しかったです。
また、撮影会でご一緒することを、心待ちにしています。


メンバーであり、同期である、Jちゃん。大切なPartnerとご一緒です。
来年の春、挙式!おめでとう!!


初めて参加したPhotocafe撮影会は、2013年9月7日。
そのときのメンバーが、Meiさん、Jちゃん、私だったのでした。
こんなにこじんまりした撮影会は、めったにあるもんじゃありません。
そのとき、何か、とても、ご縁を感じたのです。

この撮影会をきっかけに(僭越ながら)、2人をひそかに「大切な同期」と思ってきたのでした。
そして、Jちゃんは、私の姪にもとてもよく似ていて
さらにとても近しく感じているのです。
お母さまも来場されたので、思わず親戚感覚でご挨拶してしまいました汗

午後になって、お客様がどんどん多くなってきました。
ドアもあけたままで、お出迎え。
みなさん、アルバムもとても熱心に見てくださっていました。


どこを撮っても絵になるさくまさん。


みなさんのお友達が絶え間なく来場され、そこここで談笑の声が響きます。
こういう空気感が、たまらなくいいです。
訪ねてきてくださった方に説明されている表情が、とてもイキイキして楽しそう。

会期中、友人が、メンバーの作品について質問を発したので、
その場にいたご本人にアテンドしていただいたのも、とても楽しい時間でした。

全然知らない人同士なのに、興味をもった作品の撮影者ということで、
その人にも興味を示していて。
自然に、楽しそうに会話している感じが
いいなぁと思いました。

そうこうしているうちに、刻々と日がすぎていきます。
もう、これ16時過ぎてます。(あと1時間きっている)


閉会直前には、グッズの大人買い大会もあり。
私もしこたま買い込みました。
いらしてくださった方々に、お礼のお葉書を書こうと思います。

そして、撤収。18時には、みごとに何もない空間に戻りました。
皆で協力して、見事な連携で、作業が終わりました。

あ〜、終わっちゃった。。

そして、打ち上げ。あまりにおいしすぎるお料理の数々。
居心地の良い屋根裏部屋風の貸切半個室。
すべて終えて、みなやりきった感を味わいつつ、食べて、飲んで、しゃべって、笑って。
最高の打ち上げでした。

先生へのありがとうプレート、じゃなくて、サプライズプレート。
文章は、ネズミッションをさくまさんから拝命し、前日に考えました。
すごく暑苦しい表現になっちゃいましたが、これが私の真実なのです。


カメラを買って、先生に巡り会って、勢いで合同展に参加して、
この半年間、いろんな想いと共に、ひたすら走り続けた感じです。
とてもとても濃い時間を、仲間と共に過ごすことができて
nezudezuは幸せ者です。

12Stringsのみなさま、桐島先生、さくまさん、
共に歩いてくださって、ありがとうございました。


 

2019.09.08 Sunday 23:57

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - |

    Comment:
    Add a comment:









     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    ネコサツ!!
    13 écriture
    12strings.
    PhotocafeAfter
    elan vital
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.