2017.08.19 Saturday 21:10

Summer Time Travel〜PhotoCafe in Kyoto

2017年8月19日(土)晴天。

 

朝5時の空。

そうっとお宿の門を開けて、東寺へ向かいます。

 

歩いて30分くらいの距離。自転車ならあっという間ですが

地道に歩いて行くのが迷わない一番のコツですね。

 

無事到着しました(ホッ)。

 

東寺は創建からおよそ1200年。世界遺産に登録されています。
平安遷都とともに建立された国立の寺院。

桓武天皇のあとに即位された嵯峨天皇が

弘法大師空海に託したお寺です。日本で初めての密教寺院です。


蓮の花もきれいに咲いていて、思わず一人撮影会になってしまいました。

 

境内や周辺をぐるりと散策します。

五重塔、うつくしい。

 

鷺は名前があるみたいで。お散歩されている方が声をかけていました。

 

弘法大師空海の住房である御影堂では、毎朝生身供という儀式があります。
(現在御影堂が修復工事中のため、大日堂という場所で行われています。)
法要の最後に、弘法大師空海が持ち帰った仏舎利を

頭と両手にそっとお授けしてくださるとのこと。

 

毎回お参りにきている方々が、いつも通り門があくのを待っています。
10回の鐘の音の後、門が開き、大日堂へ。

 

お経を唱えるのって、一種の瞑想状態にも似たものがあるかな、と思いました。
音楽みたいで、心地良いのです。台湾の龍山寺のお経を思い出しました。

お授けをいただけて、とてもありがたかったです。

 

徒歩でお宿に帰る途中、このロゴに惹かれて思わず1枚。

 

何度もお世話になりつつある、月屋さん。

こうしてみるととってもかわいらしいですね。

中はとっても趣があって素敵なんですよ。

この写真をみていたら、三鷹のギャラリーテラスさんを思い出しました。

 

今日から参加されるPhotoCafeメンバーも集まり、まずはレンタル着物屋さんへ。

やっぱりとても賑わっていましたけれども、

冬ほどではありませんでした。
桐島先生にてきぱきと着物を選んで頂き、

くるくると着付けをしていただき、長楽館へ向かいます。

いよいよ始まります。京都PhotoCafe撮影会*夏の陣!(^^)!

 

長楽館は、明治時代の煙草王と言われた実業家村井吉兵衛が

国内外の賓客をもてなすために建てた迎賓館です。

現在はカフェ、レストラン、ホテルなどの業務を行う。とのこと(HPより)。


お食事の前に、館内を撮影させていただくことができました。

 

しばらくの間、私達がお食事する場所は貸切状態だったので、

いろんな角度からとりまくってしまいました。

相変わらず食事がなかなか始まらないPhotoCafeメンバーであります。

 

今回の着物の柄は、こんな感じです。

 

お食事を済ませて、また館内を撮影中

ふと迷い込んでしまった、心地よい場所。

LIBRARY BAR MADEIRA。

かつては村井吉兵衛の書斎として使われていたそうです。

 

とてもカラフルな孔雀。

ここでYURIさんがモデルになったお写真が

とてもとてもとても素敵でした。

 

長楽館を堪能した後は、桐島先生おすすめの永観堂へ向かいます。

初めて訪れる場所なので、とても楽しみ。

 

キノコを見つけて萌えてしまいました。

きのこの山がちょこんと立っているみたいです。

実は私はたけのこの里派です。

 

もとい。

永観堂は863年に創建。みかえり阿弥陀像様がいらっしゃるところです。

 

お水をいただいて一息いれます。

冷たくてとてもおいしかったです。

 

美しい回廊に沿って歩いて行くと、

次から次へと美しい景色が目の前に現れてくるのです。

 

水琴窟の響きに耳を傾けたり。
光と影を満喫したり。

最初は固まって歩いていたメンバーたちも

いつの間にかお気に入りの場所を見つけていきます。


 

レンズの向こうに見える世界は、一人ひとりさまざま。

その人の思いや心が、写真として浮かび上がってきます。

 

ふたりは、ここにいました。

ふふふ。

 

日暮しも啼きはじめ、夕方のお勤めの声が山々に響き渡ります。

 

人はたくさん通るのですが

とても広い場所なので、気配をあまり感じないのです。

不思議な静かな場所でした。

海外からのお客様も、熱心に写真を撮っていらっしゃいましたよ。

どんな風にとらえたのか、見せていただきたい気持ちになりました。

 

あっという間に楽しい時間は過ぎます。

着物を脱がせていただいたのはちょっとうれしかったかも(笑)。

 

着物を脱いで、写真をプリントし、おいしいお弁当を頂いて、

皆さんのお写真を拝見して、先生からの講評です。

14人のお写真は本当に見応えがありました。

私の癖や課題もみつけることができて、

反省点ばかりの写真になってしまいましたが、とっても充実した時間でした。

 

さて、私は今日で京都とはお別れです。

お宿から京都駅までとことこ歩く道すがら、

そこで暮らす方々の息遣いが感じられて
とても楽しかったです。

 

桐島先生、さくまさん、ご一緒したみなさま、そして月屋のみなさま
夢のように楽しい夏休みをほんとうにありがとうございました。

一足お先に戻ります。


2019.09.08 Sunday 21:10

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - |

    Comment:
    Add a comment:









     
    PR
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    ネコサツ!!
    13 écriture
    12strings.
    PhotocafeAfter
    elan vital
    MOBILE
    LINK
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.